おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   [絵文字入力]
参照先
暗証キー
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
クッキー情報を保存
管理人の目 投稿者:管理人 投稿日:2017/01/29(Sun) 18:42  No.2290   [返信]
平成28年度 栃木県高等学校女子サッカー新人大会
準決勝
平成28年1月29日(日)

会場:サンエコ自然の森サッカー場
14:20KickOff(ハーフ30分)
宇都宮短大附属高校(白黒)vs宇都宮中央女子高校(青赤)

ここ最近急速に力を付けた宇短附と、何年も県内トップクラスを維持する宇中女の対戦となりました。
宇中女のKickOffで試合開始。

前半の入りは一進一退の攻防となりますが、15分を過ぎる頃から宇短附が攻勢をかけます。
しかし、これを押し返した宇中女は、23分、左サイドから切れ込んでシュートを放ちますが、GK正面をつき得点ならず。

宇短附の攻勢を途中から押し返した宇中女が優勢を保つものの、0-0で前半を折り返します。

後半に入っても、宇中女の優勢は変わりません。
宇短附陣内に攻め上がりチャンスが続きます。
しかし、宇短附も粘ります。

宇中女は、16分、左サイドを破り、深い位置まで運んでクロスを上げ、これを受けた選手がシュートを放つもGK正面。

宇短附は、受けに回って苦しい展開ですが、カウンターに活路を見出し、24分、ゴール正面でFKのチャンスをつかみます。
しかし、直接狙うも枠を捉えきれません。

宇中女もポゼッションを高めますが、決めきれずに後半終了のホイッスル。
0-0で延長戦に突入します。

延長戦に入っても宇中女が攻め込む展開ですが、高い位置でボールがおさまりません。

4分には、中盤でボールを奪った宇中女がカウンターを仕掛けます。
しかし、スルーパスが惜しいところでカットされ、得点ならず。
逆に宇短附は、9分、ゴール正面でFKを得て直接狙うもGKの正面をつきます。

双方無得点のまま延長後半に入ります。
そして4分、宇中女MFが中盤でボールを奪い、そのままドリブルで持ち込みます。
宇短附の対応が若干遅れ、そのままシュート。
これが右隅に決まり、ついに宇中女先制。

さらに9分、宇中女は右サイドのCKを得ると、これを押し込んでダメ押しの2点目。
そして、その瞬間試合終了のホイッスル。

宇短附は、良く凌いでカウンターでチャンスをつかもうとしましたが、最後に力尽きました。
一方、宇中女は、ポゼッションで上回り、多くのチャンスを作り出すことで、最後は突き放しました。