おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   [絵文字入力]
参照先
暗証キー
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
クッキー情報を保存
管理人の目 投稿者:管理人 投稿日:2017/01/29(Sun) 22:59  No.2292   [返信]
平成28年度 栃木県高等学校サッカー新人大会
準決勝
平成28年1月29日(日)

会場:さくらスタジアム
10:30KickOff(ハーフ40分)
佐野日大高校(ピンク紺)vs真岡高校(赤青)

高校サッカー選手権でBest4に躍進し、新チームにも期待がかかる佐日と、今大会も好調を維持し順当に勝ち上がってきた真岡の対戦となりました。
佐日のKickOffで試合開始。

前半は、開始直後から一進一退の攻防となります。
双方、得意な形の攻撃を仕掛けますが、集中したディフェンスで決定機を作らせません。
何度かチャンスを迎えますが、決め手を欠いたまま前半を0-0で折り返します。

後半に入ると、やや真岡優勢となり、佐日は自陣で凌ぐ時間が長くなります。
それでも、佐日は、粘り強く守りバランスを崩しません。
すると、32分、左サイドでCKのチャンスをつかみ、素早くショートコーナー。
真岡は対応が遅れ、ピンチになりかけますが、佐日のシュートをGKがはじき返し、事なきを得ます。
逆に真岡は、36分、右サイドでFKを得ると、低く早いクロスを佐日ゴール前に送りますが、惜しくもゴールなりません。

このまま後半も終了し、0-0のまま延長戦となります。

延長前半は、佐日が先に攻撃の形を作りますが、真岡のDFもシンプルにはじき返します。
押し返した真岡は、10分、左サイドのスローインから、深い位置までボールを運び、粘ってマイナスのクロス。
これをゴール前で受けた選手が流し込みついに先制!!!
1-0、真岡がリードして延長前半を終了します。

延長後半は、真岡が終始うまい試合運びで、そのまま終了。
1-0で真岡が勝利して、決勝に駒を進めました。

佐日は、粘り強い守備からの素早いカウンターに活路を見出そうとしますが、今一歩及びませんでした。
一方、真岡は、佐日の堅い守備にじれることなく攻撃を繰り返し、ついにゴールをこじ開けました。