おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   [絵文字入力]
参照先
暗証キー
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
クッキー情報を保存
勝手にtfa評価 投稿者:管理人 投稿日:2017/03/20(Mon) 21:32  No.2307   [返信]
新年度を迎える前にtfaの広報活動について評価してみたいと思います。
なお、これは、管理人の主観的な見解であって、一般的なものではありません。
その点をお断りしておきます。

1種
評点:3.5
コメント:
組み合わせ、結果、速報ページともに、タイムリーな発表がされていました。
ただし、HPで組み合わせを発表せず、速報ページで人知れず発表という大会が時々ありますので、改善ポイントです。
また、相変わらず、大学(高専含む)の活動には一切触れられることはありませんでした。
今後は、地区の3部リーグの結果も拾ってほしいと思っています。

2種
評点:2
コメント:
4大会の結果はタイムリーに発表されていました。
また、速報ページも当日中には更新されていたので合格点です。
ただ、組み合わせに関しては、会場調整後まで発表されません。
抽選後、組み合わせだけをまず発表し、会場調整後再度発表という手順にしてもらいたいです。

U-18リーグについては、速報ページが十分機能していません。
まず、タイムリーな更新がされません。
それから、1部、2部、3部の区別がありません。
だらだらと並んでいるだけで、非常にわかりづらい。
700試合を超える中から1試合ずつ探すなどということは、ばかばかしくてやってられません。
これなら、ない方がましとも言えないので、管理人なりに技を駆使して省力化しています。
このインターフェイスだと入力する人も大変だと思う。

いつかは、1部、2部、3部を分けて、「節」ごとの掲載にしてもらいたい。
金かけてでもやってほしい。

なお、常々支部新人戦の情報を吸い上げて、代わりに公開してほしいと思っています。
しかしながら、これもなかなかハードルが高いようです。
駄目元で、県高体連にメールしたことがありますが、案の定スルーされたままです(^^;

支部大会とはいえ、本戦(県新人戦)のシード決めが主目的の「大会」です。
本戦の組み合わせに関わるのですから、新年度のゴングはなっていると思っています。
なので、県協会が情報収集・公開に乗り出しても良いんじゃないかしら、という理屈です。

3種
評点:2
コメント:
中体連の3大会の組み合わせは、もれなくHPで発表されました。
また、速報ページもいい感じでした。

でも、下野杯はひどかった。
速報ページが機能していませんでした。
5回戦だか、準決勝の前に、いきなりそれまでの結果を公開するという段取りの悪さ。
しかも、一部のデータは不完全な入力でした。
さらに、速報ページの公開で満足したのか、山組の結果をtfaのHPで発表しないという愚挙に出ました。

また、2種とも共通しますが、中体連の各地区の予選をtfaが肩代わりして公表するぐらいの姿勢を期待したいです。

クラブユースについては、専用のHPがあるものの、更新が遅れ気味です。
ないよりましぐらいで、これも改善ポイントです。

4種
評点:2.5
コメント:
まあまあです。
組み合わせの発表もされたし、速報ページも機能していました。
でも、県リーグの結果が速報ページにありません。
県リーグは、全日本県予選や県選手権につながる大会ですから掲載すべきです。

なお、この週末「チビリンピック関東大会」が栃木で開催されました。
栃木開催なので、tfaのHPで案内や組み合わせ発表をするべきでした。
栃木人は、発表が鈍くても慣れているかもしれませんが、他の地域の人は期待を込めてtfaのHPをみます。
それで発表されないと、がっかりされます。
栃木の評価が下がります。
だから、こういうところは気を付けた方が良いと思う。

女子
評点:1
コメント:
女子の情報公開はちょっと厳しいです。
組み合わせの発表や速報ページの状況も不十分です。
もうちょっと頑張りましょう。

フットサル
評点:0.5
コメント:
フットサルに関しては、女子にもましてダメダメで、惨憺たる有様です。
全部の大会をもれなく掲載しましょう。


番外編(速報ページについて)
速報ページは、近県でも同じツールを採用していますので、組織的な売り込みがあったのかもしれません。
しかし、見づらい。
検索しづらい。
さらに、入力ミスが多い。
入力ミスあるいは不完全な入力が多いということは、入力インターフェイスが悪いと判断できます。
速報が公開されるだけでもましと言いたいところですが、このツールはいただけない。
採用の意思決定をした方は、これを見たことがあるのだろうか。
運用状況を見たことがあるのだろうか。
良い方向に向かいかけているのに、もったいない。